2013年06月09日

マイフ君の災難

※ ほとんどの台詞は実際のチャットを元にしておりますが、一部架空のものや改変している部分があります。
※ キャラ名の表示はご本人に了解をいただいておりますが、オンラインで同じ名前のキャラを見かけても、ご迷惑をおかけしないようお願いします。


【隊長室】
060903.jpg

マイフ「およびでしょうか、隊長」
メリリフ「ああ、マイフか。きましたね。あなたにちょっと依頼がきているのですよ」
マイフ「ダーカー討伐でしょうか」
メリリフ「いえいえ、あなたのマグの撮影をしたいという要請がありまして…」
メリリフ「この前区別をつけるようにデバイスを支給したでしょう〜?」
マイフ「…珍しい進化デバイスでしたが。撮影…? それは任務ですか」
メリリフ「まあ、断りにくい相手なので任務だと思って行ってきて下さい」
マイフ「了解しました。全力で任務を遂行してきます!」
メリリフ「粗相のないようにしなさいよー」


【惑星ナベリウス/凍土地域】
060904.jpg

おんだ「よろしくー」
マイフ(断りにくい相手とは、この人か…)
おんだ「じゃあまず、ここに立ってこっち見てー」
おんだ「次はこっち」
おんだ「はいこっち見てねー。そんで一歩前へ」
マイフ(…いろいろと注文が多いな)
おんだ「じゃあ今度はダンスを」
マイフ「しなきゃいけないのか」
おんだ「撮影依頼うけたからには職務全うするべきだよな」
マイフ「くっ」
マイフ「…ロビアクなんて殆ど使ってねーのに。…これでいい、のか」
おんだ「まあ冗談だけどな」
マイフ「計ったな」
おんだ「おちゃめと言いなさい」
マイフ「コチラは撮影に何が要るかわからんから素直に聞くしかないのに、それを利用するとは」
おんだ「んで、この踊っている写真は隊長に渡せばいいんだろうか(ぴらぴら)」
マイフ「いくらだ」
おんだ「えー、私そんな脅迫まがいのことなんてー」
マイフ「…今してるが」


【アークス・ロビー】
060905.jpg

おんだ「ただーいまー」
オブルス「おかえりーれすぜー。隊長のマグ撮影会おわりましたかー」
おんだ「うむー。なかなかよい素材だあれは」
オブルス「隊長イケメンれすからねー…」
おんだ「顔半分隠れてるからわからないじゃん」
オブルス「あ、アレ? 髪長いけど顔隠れてたっけ…」
おんだ「オブちゃんは隊長と副長がごっちゃになってないか」
オブルス「メリリフさんが隊長で、副長はしらないれうs」
おんだ「どんな隊だ」
オブルス「一日で40人くらいふっとんだ隊なのれ…」
おんだ「隊長苦労人だな…」
オブルス「ぐさりと来るオコトバれうs」
おんだ「じゃあ副長の顔覚えられるように、ここに一枚の写真がある」
オブルス「とても…てんしょんたかそーなひとれすね」


【部隊休憩所】
060906.jpg

オブルス「あっ、ひょっとして副隊長れすか? この写真の人すす?」
マイフ「!!」
オブルス「ゴフッ!」
マイフ「なななななぜお前がこの写真をっ!」
オブルス「いきなり顔面に飛び蹴りとはヤバンナー、暴力テキナー」
マイフ「うるさい! この写真は預かっておく!」
オブルス「理不尽ナー」


【部隊休憩所】
060907.jpg

おんだ「どっこいしょ」
マイフ「…!?」
おんだ「ああ、ちょっとビジフォン使わせて。新作のドレスのについて調べるの」
マイフ(この人はなぜそれをここで…?)
おんだ「うーん…ドレスは買ったけど、さすがにシスター服も買うお金がないなー」
マイフ「女性の服は、高いな」
おんだ「ウルスラ服も別にいらないかなぁ」
マイフ「…そうか」
おんだ「着てほしかったのか」
マイフ「べ、べつに!」
おんだ「仕方ないなー」
マイフ「…買ったのか!」
おんだ「マイちゃんが着てほしいって言うから!」
マイフ「似合いそうとは思ったが、着て欲しいとは…」
おんだ「ほら見てー」
マイフ「言って…ない…が」
おんだ「似合うー?」
マイフ「…んむ」


【惑星アムドゥスキア/火山洞窟】
060908.jpg

マイフ「後方支援部隊副隊長マイフ=ハイライトです。よろしく」
おんだ「おんだ=サマです。よろしく」
マイフ「……」

おんだ「ありがとうねー」
マイフ「自分から溶岩に飛び込むとは、焼身自殺か!」
おんだ「わざとではあるけど自殺じゃない」
マイフ「…わざとだったのか」
おんだ「マイちゃんが治してくれるっしょ?」
マイフ「……」


【キャンプシップ】
060909.jpg

おんだ「いやぁ、強敵だったねぇ。HP残り30しかない」
マイフ(レスタ)
おんだ「ありがとうー。でもまだちょっと足りない」
マイフ「満タンだが?」
おんだ「……」
マイフ「わかった、わかったから周りを飛び跳ねるな」
おんだ「ごくろうー」
マイフ「…イジメの現場として上部に提出を」
おんだ「私から言っておこうか?」
マイフ「自主か」
おんだ「テクニックの使い方と意識の向上のための訓練を行いました」
マイフ「気を効かすことを強要されているんだ…?」
おんだ「条件反射で回復できるって大切じゃよねー」
マイフ「マグじゃあるまいし…」
おんだ「むしろオートメイト」
マイフ「スキルポイントどこにふったらそうなるんだ」
おんだ「マイちゃん乙女だからぴったりじゃん」
マイフ「誰が乙女だっ!」


【アークス・ロビー】
060910.jpg

マイフ「しかし、もうとっくに寝ているものだとばかり…」
おんだ「寝た寝た。戦闘中に寝てた」
マイフ「…今すぐ寝てくれ」
おんだ「もう朝だよ?」
マイフ「…体壊すぞ」
おんだ「マイちゃんの布団でなら寝よう」
おんだ「…返事ないけど動揺してる?」
マイフ「ち、がう! してないっ! 全く!」
おんだ「じゃあ布団で待ってる」
マイフ「もう朝だぞ」
おんだ「寝ろって言ったじゃん」
マイフ「一人でドウゾ」
おんだ「ちぇ。じゃあそうする」


【部隊休憩所】
060911.jpg

マイフ「!!!」
おんだ「あらおかえりー」
マイフ「なぜここにいる!?」
おんだ「だから一人で寝にきた。マイちゃんの布団どこ?」
マイフ「…教える義務はない」
おんだ「あー、そう」
マイフ「ちょ、待て! 隊長のベッドの上で飛び跳ねるんじゃない!」
おんだ「マイちゃんの布団は?」
マイフ「…今は置いていない。寝る時に用意している」
おんだ「ベッド生えた!」
おんだ「しかしダブルベッドとは大胆な」
マイフ「だ、大胆なのは ど っち だ」
おんだ「ダブルベッド出した人」
マイフ「ふ、布団以外は全部ダブルベッドだからしかたないだろう!」
おんだ「じゃあなぜ布団じゃなくベッドをだしたのか」
マイフ「……」
おんだ「マイちゃんのえっちー」
マイフ「まだなにもしてないぞ!」
おんだ「ほほう、まだ?」
マイフ「こ、言葉のあやだ!」
おんだ「まあいいからくつろぎたまえよ」
マイフ「人のベッドでずいぶんおくつろぎのようで」
おんだ「うむ苦しゅうない」


【部隊休憩所】
060912.jpg

マイフ「そういえば、あれはどういう事だ」
おんだ「んー?」
マイフ「なぜパラダイスが先日のダンス写真を持っていた?」
おんだ「どうしてだろうねー」
マイフ「流出元に糾弾するしかないな」
おんだ「ドゥドゥに焼き増し頼んだときに流出したのかしらね」
マイフ「あのもじゃもじゃ野郎ー!」
おんだ「こわいねー」
マイフ「ん?…焼き増し?」
おんだ「ん?」
マイフ「何のために」
おんだ「マイちゃんも欲しいかと思って」
マイフ「いらん!」
おんだ「よく撮れてるのにー」
マイフ「余計にいらん!」
おんだ「デイリーアークス新聞の記者さんも絶賛」
マイフ「…もう表を歩けん」
おんだ「シャイだなー」
マイフ「隊長にまで伝わっていないといいが…」
おんだ「えっ」
マイフ「ん?」
おんだ「いや、撮影のお礼をしたときに渡したよ?」
マイフ「……」
おんだ「たいへん協力的でたすかりましたって言っといたけど」
マイフ「もうダメだおしまいだ。忘れた頃に写真突きつけて笑ってくるに違いない…」

060913.jpg
posted by おんだ at 15:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。