2013年08月25日

少人数でDF戦

ある日の深夜2時45分、ロビーに聞こえるDF緊急の告知。
だらだらチャットをしていた身内メンバー。

「ビール出してきたところなのに・・・」
「ビールをらっぱのみしてDF」
「ビールを飲みながらDF」

最近はDF戦も緊張感がなくなってきて、スルーすることが多いんですよね。
経験値目的でソロで行っても、すぐに眠くなるし。

「少人数DFヤリタイ」
「このめんつでやる?」
「6人って少人数ですか?」
「うちはねるから減る」
「12より少なければ少人数れうs」
「0/12で挑むDF」
「Σ(゚Д゚) だれもいにゃい」

そんなこんなで、5人で2PTにして、マルチ制限をかけてDF退治に行くことになりました。

「プシュ」
「ぐびいでございます」
「かんぱーい」
「かんぱい」
「何本目だ」
「まだ3本目でございます」

…少なくとも2名のヨッパライを含む。

そして、5人でのアーム戦は普通に1分ほどで終了。
あまりにあっさり普通に終わりすぎるので、じゃあ爪を全部剥がそうかという事に。

「そんじゃ一枚一枚生爪を」
「((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル」
「ベリベリィ」
「アーム「痛いのにゃー」」

しかしそれでも時間がかかるだけで緊張感など皆無。
よし、こういう時にはチャット死の緊張感とか思いだしてみたらどうだろう。

「じゃあここで古今東西ゲーム」
「有名なお土産の名前!」
「Σ(゚Д゚) 生八ッ橋」
「はかたとおりもん」
「ひよこ」
「白い恋人」
「面白い恋人」

それでもほとんど変わりない緊張感のなさ。

「誰一人としてじもとのものいってないような」
「地元ほど案外知らないものである」
「りんご」
「赤福」
「たべたい」
「たまりもち」
「練馬大根」
「みずなす」
「練馬におりましたが食べたことはございません」

言っているうちにクエスト終了。

「ハラへった」
「自滅じゃないれすか」
「手の込んだ自殺」

さらにラストのアーム戦。

「じゃあ次のお題」
「まだあるのれうs!?」
「自分の黒歴史」
「Σ(゚Д゚) 黒歴史」

※黒歴史の個別の内容については個人情報となるので割愛させていただきます。

そして5人でのDF本体戦が始まるものの…

「まったく切羽つまった感がない」
「ナニソレ」
「むしろやりやすいレベル感が」

順調に腕を壊して、最後はDFの腹をさんざん叩いていつもどおり終了。

「おつかれさまでしたー」
「この雑魚感」
「つめはがしより本体の方が楽れした」
「訓練されたアークスが10人以上いると5分かからないよね本体…」
「ショック武器持ってくるの忘れたのは内緒れうs」
「このアークスは特殊な訓練を受けています(意味深」

まあ、久しぶりにDF戦が楽しかったです。
強化版DFだったらもう少し緊張感あったのかな?
posted by おんだ at 14:11| Comment(0) | 日記